スロットだけじゃない?オンラインカジノの「その他」のゲーム

オンラインカジノ全体としては「オンラインスロット」が約9割、ルーレットや ブラックジャックなどの「テーブルゲーム」と「ライブカジノ」が合わせて約1割近くで構成されています。

さらに残り1割に満たない部分に、オンラインスロットでもなくテーブルゲームでもない「その他のゲーム」が存在します。

この記事ではオンラインカジノの中ではごくごく少数である「その他」に分類されるゲームをご紹介します。

その他のゲーム

「その他のゲーム」は、カジノサイトによっては存在しない場合もあります。

比較的人気が低いというのもありますが、最もな理由は「RTPが低い」ことだと考えられます。

RTPとはプレイヤーへの還元率のことで、パチスロでの「機械割」と同じ意味合いを持ちます。

100%を基準としてそれ未満ならオンラインカジノ運営側に有利、それより上ならプレイヤー側に有利となります。

例えば通常のオンラインスロットのRTPは93~97%程度、ジャックポット機種ならおおよそ90%前後位です。

その他のゲームには「スクラッチカード」と「アーケードゲーム」が存在しますが、スクラッチカードが約50~90%、アーケードゲームが85~95%程度です。

そのため「その他のゲーム」を置くと、カジノサイト全体のRTPは下がります。

各オンラインカジノではカジノサイト全体のRTPを公開しているサイトは多いです。

運営側としては「RTPが低いオンラインカジノだ」と思われてしまうことを嫌うため、RTPが極端に低いゲームは置きたがりません。

しかしながら「RTPが低い」というのはオンラインカジノ基準で見た場合です。同じような他のギャンブルと比較すると、一概に低いということもありません。

特にアーケードゲームには魅力的でユニークなゲームも多いです。

スクラッチカード

「スクラッチカード」は、宝くじ売り場で購入できるスピードくじとまんま同じです。銀の枠をコインで削って、条件に合致すれば賞金が当たります。

通常は図柄が3つ出現すると当選ですが、ゲームによっては「ブラックジャック」のようにディーラーのカードに勝てば賞金がもらえる、といったものもあります。

RTPはかなりバラツキがあり低ければ50%前後、高いと90%近くになります。

50%前後はかなり低いと感じるかもしれませんが、日本で購入可能なスピードくじをRTPで表すと40%未満となります。

スピードくじで運を試すつもりなら、こちらを購入してみるほうがお得でしょう。

アーケードゲーム

どこかレトロな雰囲気を醸し出している、ビデオゲームのようなカジノゲームが「アーケードゲーム」です。

ゲームとしてはコインが裏か表か当てる「コインフリップ」、数字の上下を当てる「ハイアンドロー」、勝つか負けるかあいこかを当てる「じゃんけん」などがあります。

プレイできるカジノサイトは非常に少ないのですが、「ジパングカジノ」などでプレイが可能です。

Leave a Reply